2015年 04月 07日

電気自動車充電用コンセントタイマー制御工事

本日の電気工事は
『電気自動車充電用コンセント工事』です。
今回お客様が色々と調べられていて、電気屋の立場で、考えても良い仕様でした。
で、これは紹介したいと思いましてブログに載せてみます。
多分今、新築を建てられているかたのお宅は電気自動車用充電コンセントは今は使わなくても将来用という意味で、設置されているのではないでしょうか。
でも200V専用コンセントだけの所が多いのではないでしょうか。

いざ電気自動車を購入されて充電用タイマーが点いてない仕様の車もあるようです。
オプションで付けたら高額になったりします。
その場合は安い深夜電力を使うために夜の11時から充電となりますのでその時間にコンセントを刺さなくてはいけないという事になります。
これは毎日ですから大変です。
そのためにタイマースイッチを付けるのですが、200Vの高容量タイマーよりか、Panasonic製のコスモワイドシリーズのタイマーを使用して、リモコンブレーカーを使う、これはタイマーも普通の配線器具と同じ仕様なので違和感なく部屋の中に付けれます。
またリモコンブレーカーなので接点が焼ける事もなく安心です。
家の中でコンセントの電源が入っているのも確認出来ます。

次に専用回路に漏電ブレーカーを付けるのですが、漏電の感度を15mmAにする
これはメインブレーカーは漏電遮断器が付けてますが感度が30mmAが普通です
何故そうするかと言うといざ漏電するとメインブレーカーより先に専用回路で遮断する
そうすると夜とかに漏電してもその回路だけ遮断して、メインは落ちない分真っ暗にならない。
外部コンセントだけに漏電する可能性ありますね。

最後に外部コンセントですが、アダプターとかありなにか収納できるBOXは必要ですね
雨に濡れても大丈夫と言ってもやはり嫌ですよね。

この3点を今回工事しました。
自分も良いなと思います。

f0146278_2383125.jpg

f0146278_2384841.jpg
f0146278_2391684.jpg
f0146278_2392851.jpg

[PR]

by WANWAN3591 | 2015-04-07 23:10 | 電気工事の仕事 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://wanwankein.exblog.jp/tb/23876006
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 久々に更新します。      本日の電気工事 >>