2009年 01月 08日

今年の仕事について。

今年は、どうやら百年に一度の不況らしい。
で、どうするべきかを考えていた。

今まで、仕事があったのは何故かと考えてみた。
仕事柄、同じ物作りでも、大工さんとか左官さんとか、形になって出来上がる仕事と違い、
一日中作業をしている所を、傍で、見ていても、なにをどうしたか分らないような仕事である。
今流行の、こだわりとか、匠とか、職人とか、のような、
パフォーマンスにもあまり縁がない気がする。

この仕事は、目に見えない分、怖く感じる事も多くある。
だから、安心できる人に頼みたいのではと、
また、誠実に仕事に取り組む姿勢とかをみていて、
これが、人から人へで、今があるのかと、
人を大切にして、また、仕事を誠実にしていけば良いのだろう。
多分口コミと言う事で、仕事があったのだろう。
感謝の気持を持っていこう。
ならば、必ず繋がっていくだろう。
自分の所はこじんまりとしている分、作業もするが経理も全部一人でしている、
よその会社よりも経費が掛からなく、安くできる、強みである。

これから、多分新築の家の仕事は少なくなるだろう。
今は住宅の、需要と供給で言えば、飽和状態と言うか余っているように思う。
たぶんではあるが、これからは、今ある家を、使いやすく改良されているのを、手助けをしていくような内容の、仕事になるように思っている。

電気の仕事自体がなくなるようには思えない、
世の中に必要な仕事である。
なんとか、乗り切って行けそうに、感じてきた。

で、今年のテーマは、

          『人を大切に、仕事は誠実に』

                            で、行こう。



f0146278_20552140.jpg









                          こんな感じで、
                          今年も宜しくお願いします!!




        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・少し記事を追加します・・・・・・・・・


     初心に帰り仕事に取り組むようにすれば良い。
     やはり驕りとか頭デッカチな考え方になっていくので、柔軟な考え方も必要だろう。
     前のコメントで、『しなやかに』と、まゆこさんが今年の目標にされていたが、
     自分もそうしようと思います。


     ついでにですが、
     正月にテレビで、ナイナイのゴチになりますで、
     森泉ちゃん
     キャラか天然かは分りませんが、おバカキャラで、多少鼻につく事も
     ありますが好きですね。
     で、今回は、泣きながら、くびになるの、変わってあげるて、いう事があり、
     もしかしたら自然体で、お人好しさんかも。

     沢尻さんも良いが、森さんもファンになります。



       
[PR]

by wanwan3591 | 2009-01-08 21:14 | 電気工事の仕事 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://wanwankein.exblog.jp/tb/10087516
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 増田デンキ at 2009-01-09 13:32 x
今年は100年に一度の不況・・・
本当にそんな感じがしています。
そうとは言え、なんとか生きていくために何かをしなくてはいけません。
私も良く考えるほうで、胃が痛くなります。
お互いにがんばりましょう!

Commented by wanwan3591 at 2009-01-09 18:55
>増田デンキさんへ
胃が痛くならら無いぐらいで頑張りますか!
健康な身体さえあればなんでも出来ます。
多分厳しい状況は当面続くとは思います。
やるだけやっていきましょう。


<< 初詣。      七草粥2. >>